--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

01月13日

(水曜日)

その後のいもこ

去年の秋 結局 実家へ帰ることになった いもこ

鬱病に理解の無い 母親と過ごす毎日 は 

かなりのストレスだったろうと思います。

年末 とうとう 爆発したのは いもこでは なく 

母親だった!

いもこを「めんどくさい」と言い 「うっとおしい」「のら病」呼ばわり

そして・・・ 驚愕の一言を 私にぶつけた!

「めんどくさくなって 親に押し付けた」 と ・・・。

キレますよ ね 

キレちゃっていいでしょ~ この一言。

いいよ。と

そう思ってて いいよ。 と

子が苦しんでいる ・・・ 我が子が苦しんでいる のに

助けようと 思えない 母親なら いらねー 

もともと 親 だなんて  思ってなかった しー

いいよ。

わたしら 姉妹だけで 生きてきた

今まで ずーっと そうやって生きてきたんだから・・・ いいよ。

そのかわり

もっと年とって 寝たきりになっても しらねー

もし 1人孤独死 しても 関係ねー

親子関係 ぶったぎってあげるから 一筆書くか?

・・・・・

キレた場合

簡単に口にします スラスラと この程度の事なら ww

そして

親 泣く (ーー;)

自分のせいで あたしが キレるから 

いもこ 泣く (ーー;)

うーん・・・板ばさみ?

バカ親もって 可哀想だな あたしたち。

あたしら姉妹が 賢くなろうな。 つって いもこと誓い合う。

母親は その後

少し 改心したのか? ただ 機嫌が良いのか?

ちょっとだけ いもこに 優しくなった。

期間バイトが終わって また 鬱の出はじめた いもこ。

今日 病院へ連れて行ったけど 

残念。 また 薬の量が 増えたみたいだ。

でも

コレの繰り返しだから・・・ のんびり構えていよう。

くじけず 就活 してる いもこ の 応援しなくっちゃ♪

ねーちゃん は

いつでも いもこの 味方だー







ただ

おかん だけは ただじゃおかねー (-_-メ)










スポンサーサイト

2009年

09月09日

(水曜日)

居候いもこ

自殺願望 →海へダイブ から 少し日数たちまして

いもこは 少しずつ 食欲も戻り よく寝る。

そして 自分の意思で 実家へ帰ると言い

来月あたり 引越しをすることになりそうです。

母とは 上手く付き合えそうにありません。客観的に見ても・・・。

ただ生活苦からは 逃れられるでしょう。

同じ町内に いもこが信頼する 叔母がいるので 逃げ場はあります。

叔母は「うつ病」に理解ある人です。癒やし系な人だし。

ばーちゃんちも 近所です。

いもこと ひとつ違いの 従姉妹も 気晴らしになるでしょう・・・。

いもこが実家に帰りたい と言う 意味は

もしかしたら

身内に囲まれて 1人じゃないんだと 思う チカラが欲しいのかな と。

いもこを追いかけるように

わたしたち 夫婦も 実家近くへ 引越し? 

まぁ これは 以前から 計画していたことで 

何となく 先延ばしになっていただけなので

いいきっかけ に なりました。

ま、この不景気なご時勢 ・・・ 住宅ローンが 通れば ・・・ですけど www


ここ数日の いもこは

TV見て 笑ったり

冗談言ったり も するように なりました。

もちろん 完全回復したとは 思えません。

こーやって 落ちたり上がったりの 繰り返しですからっ

けど

いもこ が 笑う♪

良いことです (*^^*)





2009年

09月02日

(水曜日)

自殺騒ぎ

前の日記で さらっと書いた いもこの 自殺未遂事件。

・・・と言っても 
私は 発見者でもなく 
本人から 海にダイブしたことを知らされたわけだけど

こういう場合の 対処方法を知らない私は
怒りしかなかったわけで・・・(汗

かなり 打ちのめされたというのが 正直な心境なのだ。

とりあえず 未遂で よかった・・・(;ω; 

うー よかったの か ?

よかったという言い方も 正解なのかどーか ・・・?




1人暮らしの いもこ が
先日 実家へ帰ろうかな と 言い出した。

この場合 しばらく身を寄せる では なく
マンション引き払って 帰る。 という 話。

本人が 実家のおかん と 相談したらしい。


1人暮らし→ 生活するために稼ぐ必要性→ 働く→ 体力を奪われる↓

眠れない、食べられない→ 鬱になる→ でも稼がなきゃ↓

自分を殺して働く→ 鬱→ 働く→ 鬱→ 働く ・・・・・∞ループ


1人暮らしに 1度終止符を打って
鬱をしっかり治しての 再出発 が 理想なのかと 本人は思ったらしい

がっ

おかん とて 自分が生活するのが精一杯
今さら 娘を 養う 経済力はない。
そして 我が子のために 自分を犠牲にする 母性さえ持ち合わせていない人・・・

もちろん それも重々 知っている いもこ は
帰ろうかな・・・帰れないな・・・ の 思いに 涙しているわけで。

何をどーしてやればいいものか。

いまだ 答えの出せない日々を過ごしています。

姉 知恵を絞らねばっ!がんばれ あたし。





2009年

06月07日

(日曜日)

鬱と いもこ

鬱もちの いもこ ←実妹 は
やっと働けるようになったと言うのに 契約解消
いわゆる 解雇に なった。

生活が安定しない そして 不安になる。

鬱を患っていない人でも 鬱になりうる状況だ 

とりあえず 今は 就職活動しつつ キャリアUPのため
パソコン教室に通い ながらの 鬱病の治療

そもそも、不器用なヤツ なのに
そんなにいろいろ できるわけがないっ

当然のように 体力を奪われ 気分が落ちる。 そして 眠れない、食べられない・・・。

先週、 パソコン教室へ行ったはずの いもこ 
なぜか おかん から 電話が鳴る。

いもこが来てるけど様子がおかしいので 迎えにきてやってくれ。 と ・・・ 

いもこパソコン教室でパニックになる

実家が近いので 緊急避難

おかん 鬱発病の いもこを 目の当たりにして ビビる。

いもこ 姉のあたしに 迷惑がかかる と 号泣し お迎え拒否

姉のあたしは こんなことで 驚かない ww 
いもこ 放置 
おかん なだめる

いもこ 自力で 何とか 帰宅するが 帰宅先は あたしんち

いもこ 自分んち 帰れず そのまま 居候。

そして 一週間が 経過しまして 

いもこ まだ 自分ち 帰れず ww

鬱って 不思議で
天気が悪いと 寝込むんだよね~

いもこを見てて ・・・ やっぱ鬱って 病気だな と 思うよ。

感情のコントロールが出来ない。
普段できることが出来ない。
食べられない(食べる気がおこらない)
眠れない

やっかいなのは いもこ本人では無いっ! 
やっかいなのは 鬱という病気だ!!

姉ともまる・・・ 対応に困ること多し ww
でも あたしは いつでも ドーンと構えていることにしよう・・・。

あぁ~ スロット打ちに行きたい な (^ω^;






2009年

05月03日

(日曜日)

親の老後を考える

親の老後
うん 切実だ。

ダンナ様の親は 
義父がすでに他界していて 義母は 義兄夫婦と同居中

とりあえず 義兄に任せていてOKだろう。

問題は 私の母

父と呼ぶ人が 数人(?) いた 記憶があるが ・・・ バツ2という 経歴を持ち
現在 1人住まい。

昔から 虚弱体質で あまり 働かない。
今は、祖父から譲り受けた家屋を人に貸して 家賃収入で生計を立てているらしい・・・。

実は よく知らない www

その家屋 もうかなり老朽化していて ヤバイ感じ。
今 住んでいる家族が 出てしまえば 
次に 住居人が現れるのは 難しいと思うほど ボロ家

私としては その土地の上に 家を建てて
同居するのが いいのでは?と思っている。

私も家のローンが 安く済むし
どーせ 母も そのうち 1人暮らしが できなくなるわけだから・・・。

ただ
この文章を読んでで 気が付く人もいると思うが
私は 母←この人が 好きではない ww

母親という立派な肩書きをもっているだけに過ぎない。
私はこの人に 育ててもらったという気すら さらさら無いのだから。

とは言え ほったらかし というわけにもいかない 
私は この人の長女だ。

母親が孤独死したとして
一週間後に 誰かに発見されたとき、 娘が近くに居て ・・・ 何でこんなことに?
なんて事 に なるのは イヤだ。

それは 母親が 可哀想とかの感情ではない。
自分のプライドの問題なんだと思う。
そんなことを思う 娘に 老後めんどうを見てもらうのは 気の毒な気もするがww
しかたない事だと 割り切ってもらわないと困る。

母という名前を武器に 上座に君臨する 私の母親

娘の世話にはならない と 大ミエきって 老人施設に入るお金もないのだから
娘婿に頭下げて 老後楽しく生きたほうが 得だということに なぜ気が付かないのか?

やっぱり あの人は バカな女だ と 実感して
結果 いつも 答えが出ないまま こんなことを 考えているのです (笑!












HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。